この道20年の営業マンが教える本当の車選び

新型ワゴンRハイブリッドの実力は?試乗で燃費等を評価してみた

2018/01/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
原田 雄介
滋賀県草津市で自動車販売をしておりますColor's草津店 原田雄介と申します。 人生で高い買い物といわれるマイカー選びを失敗しない為に、中古車業界の仕組みと裏側、車選びのコツ等をなるべくわかりやすく公開していこうと思います。

こんにちは。カラーズ草津店、原田です。今日はスズキの屋台骨、ワゴンRを特集します。最後までお付き合いをよろしくお願い致します!!

 

新型ワゴンRってどうなの?

標準ワゴンRのグレード

 

FA ¥1,078,920~ 基本のグレードとなります

 

ハイブリッドFX ¥1,177,200~ FAの装備にオートエアコンとマイルドハイブリッドが装着されます

セーフティパッケージ装着車は¥1,273,320~ 誤発進抑制、車線逸脱警報機能、エンジンプッシュスタート等が装着されます

 

ハイブリッドFZ ¥1,350,000~ LEDヘッドライト、14インチAW、革巻きステアリング、エンジンプッシュスタート等が装着されます

セーフティパッケージ装着車¥1,409,400~ 誤発進抑制、車線逸脱警報機能が装着されます

 

画像参照元 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

 

スティングレーのグレード

 

L ¥1,293,840~ LEDヘッドライト、14インチAW、エンジンプッシュスタート等が標準装着です

 

ハイブリッドX ¥1,488,240~ マイルドハイブリッド、デュアルセンサーブレーキサポート、革巻きステアリング、ヘッドアップディスプレイ等が装着されます

 

ハイブリッドT ¥1,658,880~ ターボ、15インチAW、パドルシフト、クルーズコントロール等が装着されます

 

画像参照元 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/

基本のワゴンR、スティングレー共に3グレードづつありますね。売れ筋はやはりハイブリッドのグレードです。標準のワゴンRですと、FXか、FZが人気です。スティングレーにしても、やはりX以上でターボ有無しを選んで頂いている形でしょうかね。

やはり軽ではスズキが唯一、ハイブリッド車となっているのがポイント高いと思います。それでは次の章で説明していきます。

 

ワゴンRの真骨頂、マイルドハイブリッドとは?

 

 

参照元 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/performance_eco/

 

あくまでも補助的なものですが、最近のスズキ車にはリチウムイオンバッテリー装着の車が多くなっていまして、減速時等にリチウムイオンに電気を充電することによって、ガソリンの噴出量を減らし、かつモーターの力で発進時、登坂、高速道路の合流等のパワーがいる場面でエンジンのアシストを行います。そうすることによって軽のノンターボ車の「走らないなー」を解消しているんですね。車検証にも軽では唯一なんですが、ハイブリッド自動車と記載されるんです。

 

ワゴンRに試乗してみた

当社試乗車、ハイブリッドFZ

 

結論から言いますと・・非常にバランスの良い車です。ワゴンRもこのモデルで6代目となりますので、もはや熟成の域ではあるかと思います。走る、曲がる、止まるにおいては過不足なく動作します。リチウムイオンバッテリー+モーターのおかげで良く走ります。車重もFZの2WDで790kgですので、スライドドアのスーパーハイトワゴンと比べても、「スイスイっと走る」部類ですね。

燃費はカタログデータで33.4km/ℓですが、実燃費でいうと大体20.0km/ℓ前後はイケるのではないでしょうか?

一つ気になる点はCVTですね。最近はどのメーカー、車種でもCVT(無段階変速のオートマ)が積んでいます。通常のオートマとは違い、(※簡単にいうと原付バイクのようにギアの概念がないオートマ。これを積むことによって、変速ショック等のロスでの燃費の悪化を防いでいる)なんですが、スズキのCVTはちょっとタイムラグがあって、アクセルを踏んで加速していくと、一瞬滑ったような感じになることがあるんですよね。なんか速度とギアが合ってないような、違和感も出ますので、この部分は改善を望みます。

 

写真ギャラリー

 

 

まとめ ワゴンRって結局どう?

デザインの部分等では正直、賛否両論もあろうかと思いますが、総じて良い車だと思います。スズキもワゴンRを”軽自動車の真ん中”と位置づけており、非常に真面目につくられた車であります。金額も売れ筋グレードで120万円前後と買いやすくもあります。

しかし今年2月の発売以来、販売面ではやや苦戦しているのは否めません。やはり最近はスライドドアのN-box、タント、スペーシアに代表されるスーパーハイトワゴンが人気なんです。車両本体の金額自体は当然高いんですが、そこは日本人的な「大は小を兼ねる」といった感覚があるんでしょうね。天井が高く、車内が広いとすごく安心感があるみたいですね。

ワゴンRとムーヴが軽自動車のセールス、No.1の座を常に争うという時代が長く続いたのですが、それも一区切りついて、時代が変わってきている実感はあります。今後はビッグネームに胡坐をかかずに、ユーザー目線に立った車造りが大事な時代に確実になってくるでしょう。

 

ワゴンRを月々安く買いたいなあ・・という方はこちら↓

 滋賀で新車の軽月々1万円のリ-スはお得?仕組みとデメリットを暴露 https://yusuke.online/kei-sinsha-1manen/

軽の新車の買い方 ローンとリース どっちが安い? 月々の支払いを一覧表で徹底比較!!https://yusuke.online/new-minicar-loan-lease/

 

 

ご検討されてる方は是非、ご相談ください。試乗車もございます。本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

無料プレゼント!! メルマガ登録していただいた方に「希望のクルマを確実に購入する方法」をお送りしています

↓失敗しない車選びをしたい方は今すぐ下記をクリックしてください!!

この記事を書いている人 - WRITER -
原田 雄介
滋賀県草津市で自動車販売をしておりますColor's草津店 原田雄介と申します。 人生で高い買い物といわれるマイカー選びを失敗しない為に、中古車業界の仕組みと裏側、車選びのコツ等をなるべくわかりやすく公開していこうと思います。

Copyright© 本業が教える!! 顧客目線の車選び , 2017 All Rights Reserved.