この道20年の営業マンが教える本当の車選び

※動画有り 画像で比較 新型と旧型N-box&カスタム 価格、燃費、エンジンはどう変化? 

2020/08/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
原田 雄介
滋賀県草津市で自動車販売をしておりますColor's草津店 原田雄介と申します。 人生で高い買い物といわれるマイカー選びを失敗しない為に、中古車業界の仕組みと裏側、車選びのコツ等をなるべくわかりやすく公開していこうと思います。

こんにちは! カラーズ草津店、原田です。9/1にいよいよ新型N-BOXが発売されましたね。旧型と比べ、様々な点ですごく進化しております。今日はそのあたりをクローズアップしてお伝えしていきます。最後までお付き合いをよろしくお願いします。

旧モデルの記事はこちらから↓ 

N-box中古は割高?カスタムや特別仕様車の新車を賢く買う方法 https://yusuke.online/n-box-newcar-buy-plan/

新型N-BOXが発売!!

グレードは現在、標準グレードが5グレード、カスタムが4グレードあります。今回のモデルチェンジの目玉は、なんといっても“助手席ス-パ-スライドシート”の設定と、安全装備の“ホンダセンシング”が標準装備されたことです(レスで外すことも可能)

それでは早速見ていきましょう。

スーパースライドシートとは?

助手席のシートを前後に移動させることで、車内を自由に移動したり、後ろにチャイルドシートを装着してお子様のお世話をしたりなんかも簡単に出来る機能です。以前ライフにもありました。非常に便利な機能で、今回N-BOXに4グレード採用されています。ホンダのイチオシ感を感じますね!!

参照元 http://www.honda.co.jp/Nbox/

ホンダセンシングとは?

旧モデルでも”あんしんパッケージ”という安全装備があったのですが、今回の”ホンダセンシング”はだいぶ進化を遂げています。すでにホンダの普通車、フリードやヴェゼル等には装備されています。ここでは”ホンダセンシング”と”あんしんパッケージ”の比較をしていきます。安全装備だけで10個!ほどありますので、順に見ていきましょう

①衝突軽減ブレーキ(CMBS) 車両や歩行者などを認識し、自動でブレーキをかけ、追突を回避、もしくは衝撃を軽減するシステム
ホンダセンシング 作動条件 40km~50km あんしんパッケージ 作動条件 30km以下

②誤発進抑制機能 前方に障害物があるのに、ブレーキとの踏み間違いでアクセルを踏んだりした時による急加速を抑制
ホンダセンシング  あんしんパッケージ 

③後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるのに、バックでアクセルを踏み込むと、音とディスプレイ表示で警告します
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

④歩行者事故低減ステアリング 約10km~40kmで走行中、車線を外れ、歩行者と衝突しそうな際、警告、回避操作を実行
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑤路外逸脱抑制機能 車線を外れそうな際、音とディスプレイ表示で警告、元の車線に戻すようにステアリング、ブレーキを制御
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑥ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール) アクセルを踏まずに設定した車速を保つクルーズコントロール+前走車を検知、車間を適切に制御
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑦LKAS<車線維持支援システム> 高速道路で、車線の中央を維持するようにステアリング操作を補助、車線を外さないように注意喚起
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑧オートハイビーム 全走車や対向車を検知してヘッドライトをハイ/ロ-ビ-ムを自動で切り替え。良好な視界の確保に貢献する
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑨先行車発進お知らせ機能 信号待ち等、停車中に前の車が発進したことを音とディスプレイ表示でお知らせします
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

⑩標識認識機能 走行中に道路標識を認識してディスプレイに表示し、見逃しやすい標識等も認識して、安全運転を支援
ホンダセンシング  あんしんパッケージ ×

どうです?いかにホンダセンシングの安全装備が優れていて、あんしんパッケージと比べ進化を遂げているかが、比較すると一目瞭然ですね。軽自動車は安全面で・・と二の足を踏んでいた方でも、選択肢の一つに十分ランクイン出来る性能ではないかと思います。ホンダさん、頑張りましたね!!、笑

参照元 http://www.honda.co.jp/Nbox/

タイプ別グレード

標準ベンチシートのグレード

※全車ホンダセンシング装備、レスも選べます

G、エントリーモデルですが、オートエアコンやスマートキー、明るいLEDヘッドライト等、基本的な装備はありますね

G・L、Gの装備+左側のみパワースライドドア、ナビ装着用スペシャルパッケージ(ETC、バックカメラ)、充電用USBジャック×2、リヤ側面ガラスのロールサンシェード等が装備されます

G・Lターボ、両側パワースライドドア、本革巻きステアリング、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、そしてもちろんですが、登り坂や高速道路でもしっかりと加速するターボエンジンが装備されます

 標準 スーパースライドシート仕様のグレード

G・EX、ベンチシートのG・Lグレード(左側のみパワースライドドア)にサイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、プラズマクラスター付(空気清浄)エアコン、スーパースライドシート等が装備されます

G・EXターボ、両側パワースライドドア、本革巻きステアリング&パドルシフト、ターボが装備されます

カスタム ベンチシートのグレード

※全車ホンダセンシング装備、レスも選べます

カスタムG・L、標準のG・Lにカスタム専用内外装、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、8スピーカー、LEDフォグランプ等が装備されます

カスタムG・Lターボ、G・L+両側パワースライドドア、本革巻きステアリング、ロールサンシェード、ターボが装備されます

 カスタム スーパースライド仕様のグレード

カスタムG・EX、標準のG・EXにカスタム専用内外装、LEDフォグ、8スピーカー等が装備されます

カスタムG・EXターボ、G・EX+両側パワースライドドア、本革巻きステアリング、ターボ等が装備されます。最上グレードとなります。4WDはついに200万円越えですね!! 装備は充実していますが、なかなか良いお値段です・・

参照元 http://www.honda.co.jp/Nbox/

画像で見る、新旧モデルの比較

(※写真は左が新型モデル、右が旧モデル カスタムグレードです)

フロントマスクは新型はだいぶあっさりと洗練された感じになりましたね。メッキの部分は少し減り、「どうだ?カスタムだぜ!」というイケイケな印象もちょっと減ったかもですね

サイドとリヤです。全体的にはちょっと丸みを帯びた印象です。これも好みですね~

ホイールとミラー、ホイールは旧モデルはSSブラックパッケージですので、特別仕様になっています。(しかし最近の純正デザインはカッコいいですね!)ミラーはウィンカーの部分が下に、小さくなっていますので、スタイリッシュな印象です

ハンドル廻りです。旧モデルは丸形の飛び出るような3連メーターが特徴的だったのですが、新型はシンプルなメーターとなり、ハンドルの真ん前に小物入れ収納が付きました

メーター、エアコンスイッチ廻りです。新型はエアコンはダイヤル式、スマートフォンの充電等に便利なUSB充電ポートが2つ装着されました。プッシュスタートボタンは旧型は左のオートマのセレクターレバーの横にあったのが、新型は右側のハンドル下に移動されています

シート、内装の比較です。新型はセンターにラインが入った、肌触りの良いスウェード調シートになりました。旧モデルは黒×グレーが基本となるのですが、新型はグレー×ブラウンがベースとなります。足元や助手席前パネル部分等、茶色の割合が増えました。シート自体は厚みが増して、フカフカです。長時間の運転も疲れにくくなりました。

うーん、しかし色使いはちょっと微妙かも・・やはり内装は黒系の人気が圧倒的ですしね。マイナーチェンジや特別仕様車で仕様変更があるかもしれませんね!

軽初と言われるカッコイイやつ!!(動画)

シーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)が軽で初搭載されました!! レクサス車なんかではだいぶ採用してきているのですが、軽ではお初です。カッコイイですよね。

流れるウインカー動画をご覧ください↓

 

エンジン、燃費なんかはどう変わった?

参照元 http://www.honda.co.jp/Nbox/

こちらもホンダの軽初採用となるⅰ‐VTECを採用しています。静かでパワーもあります。今回の新型は各パーツの精度も見直し、徹底的な車体の軽量化も実現していて、約80kgも軽量化しています。これによって、燃費はもとより、加速、さらに交差点での曲がりなども非常にスムーズに走る車となっています。

実際燃費も前モデルから、1.4/ℓ~3.0/ℓ向上して、2WDのNAで27.0/ℓ、ターボで25.0/ℓとなっています(※カタログデータ)

写真ギャラリー (カスタム、STD)

まとめ N-boxってどう?

結論からいいますと、素晴らしい進化だと思います。前モデルも約6年販売され、モデル末期といえども軽No.1の売れ行きをキープしていましたが、それに胡坐をかかずに、全てを洗練させて新型モデルを発表したホンダはスゴイです。他メーカーもはっきり言って脅威ではないでしょうか?

最近の風潮としては、軽自動車も価格が高くなりがちになっていますが、安全装備や燃費性能と車内の広さ等、ユーザーの満足度を上げていく為には致し方ない部分もあるのではと感じます。

カラーズ草津店では新モデルの未使用車が在庫ございます。 ※在庫にないグレード、カラーは注文可能です。ご相談はお気軽に!!

当店の在庫情報はこちら

カーセンサー↓
http://www.carsensor.net/shop/shiga/081325007/stocklist/

N-boxが欲しいけど、ローンだと月々の支払いが高くなりがちだし、月々安く買いたいなあ・・残クレ、残価設定って何?

というアナタはこちらの記事をご覧ください↓

滋賀で新車の軽月々1万円のリースはお得?仕組みとデメリットを暴露

https://yusuke.online/kei-sinsha-1manen/

軽の新車の買い方 ローンとリース どっちが安い? 月々の支払いを一覧表で徹底比較!!

https://yusuke.online/new-minicar-loan-lease/

無料プレゼント!! メルマガ登録していただいた方に「希望のクルマを確実に購入する方法」をお送りしています

↓失敗しない車選びをしたい方は今すぐ下記をクリックしてください!!

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
原田 雄介
滋賀県草津市で自動車販売をしておりますColor's草津店 原田雄介と申します。 人生で高い買い物といわれるマイカー選びを失敗しない為に、中古車業界の仕組みと裏側、車選びのコツ等をなるべくわかりやすく公開していこうと思います。

Copyright© 本業が教える!! 顧客目線の車選び , 2017 All Rights Reserved.